作成する3Dモデルのクオリティは資料集めで決まる!?資料はたくさん集めるのが吉

3Dモデル作成の前に資料集め

そのむかし、専門学校で3DCGを教えてくれた先生はこう言いました。

「参考資料は集めれば集めるほど、作るもののクオリティは上がる」

よく分からんけど、先生が言ってるからその通りやっとこう~

と、3Dモデルを作るときの資料集めには力を入れていたトハですが、その習慣を10年以上続けてきた今、断言できることがあります。

「参考資料をたくさん集めなければ、作るもののクオリティは上がらない」

この記事では、トハが思う”資料集め”の大切さについて書いていきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

資料集めは大切!多すぎるくらい集めてOK

GOGO

例えばキャラクターの3Dモデルを作るとき、そのキャラのデザイン画が手元にあると思います。

仕事の依頼で作る場合も、自分のオリジナルキャラを作る場合も、デザイン画なしで作り始めることは少ないです。もしかしたら、キャラクターの三面図のような資料もあるかもしれません。

これらの資料があれば、3Dモデルを作り始められそうな気がします。

 

でもちょっと待って~!

 

もし資料がこれだけだったら、実は少なすぎです。

デザイン画だけでもキャラクターのモデルを作り始めることはできますが、分からないことも結構あります。

  • 着てる服の素材や質感はどんな感じ?つやつや・ふわふわ・ごわごわ?
  • 金属部分の質感はどんな感じ?ピカピカ・つや消し・アンティーク風?
  • 細かい装飾品の形はどうなってる?素材は何でできてる?
  • キャラクターはどんな性格?身長や年齢は?どんな表情をする?

例えばこういうことは、デザイン画や三面図からは読み取れないことが多いです。

親切なデザイン画なら、キャラクターの詳細や身に着けているものの質感について、補足で説明が入れてあることもあります。でも補足説明だけでは不十分です。

作りたいものがどんなものかを把握するには、参考資料をたくさん見ることがぜったい必要です。

人間の記憶はあいまいなので、よく知っているはずのものでも、いざ思い出そうとするとぜんぜん思い出せません。思い出しても、実物と違っていることはよくあります。

なので、
形や質感などの参考になる資料を集めて、それらをよく見ながらでないと3Dモデルは作れません。

資料を集めるときのポイントはこんな感じです。

~ 資料を集めるときのポイント ~
  1. 多すぎると思うくらいの資料を集めてOK
  2. ちょっとでも参考になるかもと思った資料は保存しとく
  3. 集めた資料はちょくちょく見返す(新しい発見があったりする)

 

たくさんの参考資料を見ながら作られた3Dモデルには、説得力があります。

3Dモデルは言わばぜんぶがフェイクで、本物ではありません。だからこそ、説得力が必要です。

ばりばりファンタジーな架空生物の3Dモデルを作るような場合も、部分的には実在するものがモチーフになっていたりします。

そういう部分はやっぱり実在するものの資料を、たくさん見ながら作る方が説得力が増します。

 

(集めた資料を見るときは、画像ビューアという専用のソフトを使うと見やすくて便利です↓)

 

スポンサーリンク

 

資料を集めるのは”3Dモデルを作り始める前”

フムフム…

参考資料を集めることは、3Dモデルを作りながらでもできます。

資料が欲しくなったら、そのときネットで調べればいいんじゃないの?と思うかもしれません。

 

いやいや、”3Dモデルを作り始める前”に資料を集めることで、得られるメリットがあります。

それは、作る前に完成モデルの全体像をイメージできることです。

作りたいものが頭の中にイメージできているかどうか、これは重要です。

なぜなら人は、頭の中に想像できないものは、作り出せないようになっているからです。

 

一応デザイン画という完成イメージの資料はありますが、これはあくまで絵なので、実際の3Dモデルの完成形とは違います。

どこをどんな造形で作るか?質感設定はどうするか?
そういうものを含めた、完成モデルの全体像をイメージできることが大事です。

3Dモデルを作るために必要な資料を集めていると、だんだん完成形のイメージが明確になってきます。そしてモデルを完成させるために、必要な「やること」も分かってきます。

資料を集めながらモデルの完成形を想像し、そこに到達するまでに必要な作業を考える。

このプロセスを、”3Dモデルを作り始める前”にやっておくことで、3Dモデル完成までの道のりが分かりやすくなります。

これは目指すものがブレるのを防ぎ、モデル作成に必要な作業量を考えるのにも役立ちます。

 

…まぁ、最初に考えたとおりには、うまくいかないこともよくあるんですけどね。

でも、目指すものが定まっているか、いないかの差は大きいです。

最初に必要な資料を探して集めることは、3Dモデルを完成まで導く手助けになります。

 

資料の種類はいろいろ!実物、イラスト、動画、フィギュア

ピコーン

参考資料を集める、とひと口に言いましたが、資料の種類はいろいろあります。

3DCGで作れるものというのは幅広いので、作るものそれぞれに合った資料が必要です。

~ 3DCGを作るとき必要な資料いろいろ ~
  1. キャラクターモデル作成なら
    …服、靴、肌、髪、装飾品や武器などの資料
  2. 背景モデル作成なら
    …屋外なら地面や草木、屋内なら家具や調度品などの資料
  3. モーション作成なら
    …動きの参考になる動画資料、自分で実際に動いてみるなど

また、キャラクターのモデルやモーションを作るときは、そのキャラの”キャラクター性”を表現することも重要なので、年齢や性格といったキャラクターの設定資料を集めることも大切です。

 

参考資料にはいろんなものがありますが、1番参考になる資料は実物そのものです。

もしスマホの3Dモデルを作るなら、スマホの写真を見て作るより、スマホの実物を手に取って見ながら作るほうが確実です。

でも手元に実物があることは少ないです。

そんなときは、実物をいろんな角度から映した写真や動画、実物のミニチュア・フィギュア・プラモデルなんかもいい資料になります。

 

じゃあ、実在しない架空のものはどうすればいいのか?

架空の存在のものでも、部分的に実在するものに近いところがあれば、その部分は実在の資料を参考にすることができます。

もし、完全に現実世界に存在しないようなものなら、まずは頭に作りたいもののイメージを思い浮かべてみます。

それから、イメージに近い表現のものが現実世界にないか、探してみるのはどうでしょうか。

オーロラとか超新星爆発のような特殊な現象とか、普段は目にしない不思議な生物などが参考になるかもしれません。あるいは、既存の映画やゲーム、書籍、イラストなんかも参考になります。

世の中にはいろんな表現がすでにいっぱいあるので、探してみると参考にできるものは結構あります。ネットで検索できるのは便利ですね~

 

スポンサーリンク

 

ぴったりの資料がない場合は自分で作ってみる

もやもや

参考資料を探してみたけど、ちょうどいい感じの資料が見つからない…

こういうこともあります。

どういうキーワードで検索すればいいか分からないこともあるし、そもそも資料が存在しないこともあります。

ぴったりの参考資料が見つけ出せない場合は、自分で資料を作ってしまいましょう~

 

例えば、とある既存のキャラクター資料を探していたけど、そのキャラクターの背面デザインがどこにも存在しなかったとき。これはもう、自分で想像してみるしかありません。

デザインを考えながら3Dモデルを作っていくのは難しいので、まずは想像する背面デザインを描いてみるのがいいです。

頭だけで考えるより実際に描いてみたほうが、考えが整理されて形になりやすかったりします。

 

形状や構造がよく分からない、調べてみてもいい参考資料がない、そういうオブジェクトを作るときは、テスト的にその部分だけ簡単な3Dモデルで作ってみるといいです。

テストの3Dモデルがいい感じにできれば、テストモデルを参考にして本番のモデルが作れます。

探しても資料がないなら仕方ないので、自分で参考となる資料を作るしかないです。

 

資料はあくまで参考用、デザインなどをそのまま使うのはNG

NG

いい3Dモデルを作るためには、たくさんの参考資料が必要です。

いまはネットで検索すれば、だいたいの資料は探すことができます。ネット便利です。

でも気を付けないといけないのは、

ネット上にある資料のほとんど(特に画像)は、著作権を持っているということです。

いろんな資料を”参考”にするのは問題ありません。
まったくなんの資料も見ずに作れと言われても、そんなのは無理です。

ただ、すでに世の中にあるものはだいたい著作権がある、ということは覚えておくべきです。

集めた資料はあくまで参考用として、資料をそのままトレースしたり、完全にマネたりしないように注意が必要です。仕事として作る3Dモデルの場合は、特に要注意です。

 

どのくらい参考資料に似てたら著作権的にアウトになるのか、その線引きは分かりにくいです。

こちらの法律事務所さんでは、このように書かれていました。

他人の既存のイラストや画像を参考にすること自体が、著作権侵害になるわけではない

既存のイラストや画像を参考にする場合、その本質的特徴部分が類似すると著作権侵害となる

出典:イラストや画像の著作権侵害の判断基準は?どこまで類似で違法?|咲くやこの花法律事務所

参考資料に似ているかどうか考えるとき、判断材料のひとつにはなるかと思います。

 

著作権のことって難しいし、トハも完璧に理解できているわけではありません。
でも普段から意識的に、気を付けようと心がけています。

このブログの運営も、著作権については書籍で勉強しながらやっています。

クリエイターのための権利の本
ボーンデジタル
この本は法律の解釈よりも「実際にどうしたらいいのか」について各部門のプロフェッショナルが解説します

基本的に著作権というのは、クリエイターやその創作物を守ることが目的で、新しく作られる創作物を規制・制限するのが目的ではない、と認識しています。

このブログを見てる人は、3Dモデルを作ることに興味がある人だと思います。

つまり、

みんなものを作る人=クリエイターです。
みんな作ったものすべて、著作権に守られています。

自分は著作権に守られながら、他のクリエイターの著作権は侵害しちゃう。こうなってしまったらよくないので、クリエイターのはしくれとして、お互いの著作権を守る意識が必要です。

著作権については侵害しないようにしっかり注意しつつ、参考資料はたくさん集めて新たなもの作りに活用する、こうできるのが理想的です^^

 

著作権の基本的なことについては、下記サイトの説明が分かりやすかったです~

 

スポンサーリンク

 

まとめ:集めた資料の分だけ、作る3Dモデルの説得力が増す

♪

3DCGというのは、現実世界に存在しないものでも作り出せます。そこが大きな魅力です。

でも、存在しないものを”まるで存在しているよう”に見せるには、説得力が必要になります。

説得力ってなにかというと、違和感のない造形だったり、物理的に正しい動きだったり、破綻してないライティングだったりします。

これらのものは、参考にできる資料が現実世界の中にたくさんあります。

参考資料をたくさん集めて、資料をよく見ながら作ること。
これをやった分だけ、作る3Dモデルのクオリティは上がり、説得力は増します。

逆に、やらなければクオリティは上がらず、説得力もなくなるということです。

これはもう、いっぱい参考資料を集めた方がぜったいお得です。

幸いにもインターネットという、資料探しにはうってつけのものがあります。ネットで満足できる資料が見つけられなかったら、図書館とか博物館に足を運んでみるのもいいです。

これから3Dモデルを作ろうと考えているのなら、まずは資料を探すことから始めてみてください~

 

資料を集めて準備が整ったら、実際に3Dモデルを作ってみてください。そのときは、これらの記事もぜひ参考にしていただければと思います。↓

 

おまけ:トハモデル作成のために集めた資料たち

ブログによくいるトハも3Dモデルですが、作るときはもちろん資料を集めました。

おまけとして、トハモデルを作るために用意した参考資料をご紹介します。

①最初のラフイメージ
…通勤中に指でスマホに描いたやつ。想像で描くとハトはこうなる

トハ_ラフイメージ

②紙に鉛筆で描いたデザイン画
…ハトの写真を見ながら描いたやつ。方向性ほぼ決定

トハ_デザイン画

③いろんなハトの写真
…模様と色の参考に。ハトの模様もいろいろ

ハト_写真

あと駅のホームを歩いてるハトを観察したりもしました。

で、なんやかんやで完成した3Dモデルがこれです。

トハイメージ図

おまけのせいでこの記事の説得力は失われたかもしれない。

コメント一覧

トハ
トハ

お気軽にコメントどうぞ~

タイトルとURLをコピーしました