紹介!~Maya Config Addon For Blender 2.8というアドオン~

紹介!~Maya Config Addon For Blender 2.8というアドオン~

Blender 2.8をMayaっぽい操作感で使ってみたいとき、アドオンを入れるという方法があります。

この記事では、
トハが実際に使っている「Maya Config Addon For Blender 2.8」というアドオンに関して

  • どんなことができるアドオンなのか
  • Blender 2.8へのアドオンの入れかた
  • このアドオンを使うときの注意点

という3点について書いていきます。

Maya Config Addon For Blender 2.8に興味がある方は、ぜひ読んでみてください。

この記事で使用しているソフトのバージョン
Blender ver2.80 / Maya Config Addon For Blender 2.8 ver3.3

(※Maya Config AddonはMacOSをサポートしていませんのでご注意。)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

機能紹介 ~Maya Config Addon For Blender 2.8はこんなアドオン

ピコーン

Maya Config Addon For Blender 2.8は、Blender 2.8の操作感をMayaっぽい感じに変更できるアドオンです。

操作をMayaっぽく変更するだけでなく、ちょっと便利なメニューが追加されたりもします。
まとめるとこんな感じになります。

  • 3Dビューポート操作&よく使うショートカットがMaya風になる
  • ツールバーの下に便利な専用メニューが追加される
  • スペースキー&右クリックで専用パイメニューが表示される
  • Shift+右クリックでスペシャルツールメニューが表示される(※ver3.3からの新機能)

順番に紹介していきます。

 

・3Dビューポート操作&よく使うショートカットがMaya風になる

まず、3Dビューポートの操作方法と、よく使うショートカットがMayaとほぼ同じになります。

このあたりは、Blender 2.8に標準搭載されている「Industry Compatibleキーマップ」を使った場合とほとんど同じです。

Mayaっぽい操作方法とそのショートカットについては、Blender 2.8を始める④ ~基本の操作方法!これだけは最初に覚えよう~で解説しています。操作方法の詳細はこちらをご覧ください~

 

スポンサーリンク

 

・ツールバーの下に便利な専用メニューが追加される

Maya Config Addon For Blender 2.8を導入すると、
Blenderのツールバーの下に、専用メニューが追加されます。

トハが1番気に入っているところです。

Maya Config Addon For Blender 2.8 ver3.3の追加ツールバーメニュー

特に便利だと思うのが、
Maya風/Blender標準/Industry Compatibleの3つのキーマップを、ボタン1つですぐに変更できるところです。

Blender関連の情報やチュートリアルを見ていると、Blender標準キーマップをもとにして解説されていることが多いです。Maya風キーマップを使っているときは、操作が合いません。

そんなとき、とりあえずツールバー下の専用メニューから[Blender]のボタンを押せば、Blender標準のキーマップにさくっと切り替わってくれる訳です。ん~便利。

また、UV編集中などはIndustry Compatibleキーマップのほうが使いやすかったりするので、こちらも[Industry] ボタンでかんたんにキーマップ変更できて便利です。

それ以外のボタンメニューも、なかなか便利なものがそろっています。軽く紹介しておきます。

Maya Config Addon For Blender 2.8 ver3.3のツールバーメニュー(機能紹介)

ちなみに、メニューの上部分をクリックすると追加メニューを折りたためます。じゃまなときは小さくしておくといいです。

追加表示のメニューは小さく折りたためる

 

・スペースキー&右クリックで専用パイメニューが表示される

Maya Config Addon For Blender 2.8でもうひとつ大きな追加要素は、専用パイメニューです。
スペースを押したとき、マウス右クリックしたとき、それぞれ専用パイメニューが表示されます。

●3Dビュー操作のパイメニュー(スペースキーで表示)

Maya Config Addon For Blender 2.8 スペースキーのパイメニュー

トハはMayaを使っているとき、スペースキーはよく押していたのでこれはちょっと嬉しいです。パイメニューに書いてある数字はショートカットなので、スペース3で4分割表示にもできます。

Blender標準キーマップやIndustry Compatibleキーマップ使用時にできた、スペースキーを押してのアニメーション再生はできくなります。

 

●モード選択、スムーズ/フラットシェードのパイメニュー(右クリックで表示)

Maya Config Addon For Blender 2.8 マウス右クリックのパイメニュー

Maya操作時、パイメニューをよく使っていた方にとっては便利な機能になるかと思います。選択の反転やオブジェクト追加、3DビューポートをMAXスクリーン表示にする、などもできます。

Industry Compatibleキーマップ使用時、右クリックで表示されていたコンテクストメニューは、パイメニューに置き換わるので表示されなくなります。

 

・Shift+右クリックでスペシャルツールメニューが表示される

2019年9月2日リリースのver 3.3から追加された新機能です。

頂点、辺、面の編集モードのとき、Shift+マウス右クリックで「スペシャルツールメニュー」が表示されるようになりました~

頂点マージ、辺シャープなどなど、これまた便利なメニューがひとまとめになっている感じです。

●頂点編集モードのスペシャルツールメニュー

Maya Config Addon For Blender 2.8 ver3.3 頂点モードのスペシャルツールメニュー

●辺編集モードのスペシャルツールメニュー

Maya Config Addon For Blender 2.8 ver3.3 辺モードのスペシャルツールメニュー

●面編集モードのスペシャルツールメニュー

Maya Config Addon For Blender 2.8 ver3.3 面モードのスペシャルツールメニュー

 

Maya Config Addon For Blender 2.8の機能説明は以上になります。

それでは、次はMaya Config Addon For Blender 2.8の導入方法を紹介していきます。

なんかよさそうかも?このアドオン入れてみようかな?と思った方は続きをお読みください~
※2019年現在、Maya Config Addon For Blender 2.8はMacOSではサポートされていません。

 

スポンサーリンク

 

導入方法 ~Maya Config Addon For Blender 2.8を入れる

GOGO

Maya Config Addon For Blender 2.8の導入方法について紹介していきます。

なるべくかんたんに、かつ問題が起きにくい導入方法を検討した結果、この記事では次のような手順で導入を進めていきます。

~ Maya Config Addon 導入手順 ~
  1. Blender 2.8をzipファイルでダウンロード
  2. Maya風操作Blender用に新規フォルダを作成
  3. Maya Config Addon For Blender 2.8をダウンロード
  4. 作ったBlenderフォルダにデータをコピーして導入
  5. Blender 2.8を起動して専用キーマップをインストール

順番に見ていきます。

 

①Blender 2.8をzipファイルでダウンロード

まず初めに、Blender 2.8をインストーラーではなく、zipファイルでダウンロードしてきます。

zipファイルにする理由は、インストールした状態のBlender 2.8にMaya Configのアドオンを導入する方法が少しややこしい&パソコンの管理者権限の関係で問題が起きる可能性があるからです。

zip形式のBlender 2.8なら、元データを残しておけば問題が起きてもすぐ元の状態に戻せるので、なにかと安心だと思います。

 

では、まずは Blender 2.8のダウンロードページ に行って、目立つダウンロードボタンではなく、下にある[other versions]の部分をクリックします。

ウィンドウが開いて、zip形式などのダウンロードメニューが表示されます。

Blender 2.8 zip形式ファイルのダウンロード

ダウンロードボタンの下に、いま使っているパソコンのOSと、何bitであるかが書いてあると思います。 64bitか32bitかを確認して、書いてあるのと同じものを選んでダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルは、黄色いフォルダにジッパーがついたようなアイコンになってます。もしパソコンのようなアイコンになっていたら、それはインストーラーです。

Blender 2.8 zip形式ファイルとインストーラー

zipファイルを解凍すると、中に「blender.exe」という実行ファイルが入っています。それをダブルクリックするとBlender 2.8が起動するしくみです。

Blender 2.8 実行ファイル

 

ダウンロードボタンの下に表示されているパソコン情報について。

Macで見るとMacOSと表示されるのは確認してますが、Windows 32bitのときにちゃんと32bitと表示されてるかどうかは、確認する術がないので確証がありません。もしまちがっていたらご指摘ください!

 

②Maya風操作Blender用に新規フォルダを作成

ここから先の説明は、Maya Config Addon For Blender 2.8のアドオン制作者さんがアップしている、導入解説動画を参考にしています。参考にした動画はこちら。
URL:https://www.youtube.com/watch?v=ZV6LqlaoQWs
URL:https://www.youtube.com/watch?v=eJGliDhBCq8&feature=youtu.be

次は、Maya風操作Blender用のフォルダとして、デスクトップに新規フォルダを作成します。

作成した新規フォルダには、「Maya風操作にしたBlenderです」ということが分かるような名前を付けます。(※全角文字は使わないこと)

参考元の導入解説動画では「2.8Maya」というフォルダ名にしています。トハはもうちょっと分かりやすく「Blender_2.80(MayaConfig)」という名前にしています。お好きな名前でどうぞ~

名前を付けたフォルダの中に、解凍したzipファイルのBlender 2.8データをぜんぶコピーします。

Maya風操作Blender用の新規フォルダに、元のBlender 2.8データをぜんぶコピー

これ以降は、新フォルダにコピーしたBlender 2.8データに対して、Maya Config Addon For Blender 2.8を導入していきます。元のBlender 2.8フォルダは閉じちゃって大丈夫です。

アドオンを入れてない素の状態のBlender 2.8を起動したいときは、元のBlender 2.8フォルダにある実行ファイルを起動すればOKです。

 

③Maya Config Addon For Blender 2.8をダウンロード

Blender側の用意はできたので、アドオンのデータをダウンロードしてきます。

GumroadにあるMaya Config Addon For Blender 2.8のページ に行きます。

右上にある価格の欄に、0$以上の価格を入力してから、青いボタンをクリックします。

Maya Config Addon For Blender 2.8 ダウンロードページ

表示された画面にメールアドレスを入力し、再度青いボタンをクリックします。(1$以上の価格を設定した場合は、支払情報を入力する箇所も表示されます。)

Maya Config Addon For Blender 2.8 メールアドレス入力

レシート表示みたいな画面になったら、[販売コンテンツを見る]のボタンをクリックします。

Maya Config Addon For Blender 2.8 販売コンテンツを見るボタン

Maya Config Addon For Blender 2.8のページに飛んだら、そこからアドオンをダウンロードできます。最新バージョンだけ欲しいときは、下の白いボタンからダウンロードです。

Maya Config Addon For Blender 2.8 データのダウンロード

Maya Config Addon For Blender 2.8もzipファイルでダウンロードされるので、デスクトップに解凍しておきます。

 

スポンサーリンク

 

④作ったBlenderフォルダにデータをコピーして導入

もろもろ準備が整ったので、Maya Config Addon For Blender 2.8を導入していきます。

①の手順で作ったBlenderフォルダと、解凍したMaya Config Addonのフォルダを開きます。

Maya Config For Blender 2.8導入① データコピーするフォルダを開く

2つのフォルダを開いたら、以下の手順でMaya Configフォルダのデータを、Blenderフォルダにコピーしていきます。

  • Blenderフォルダ

    直下にある2.80フォルダをクリックして開く

  • Maya Configフォルダ

    直下にあるconfigフォルダを、フォルダごと2.80フォルダにコピーする

    Maya Config For Blender 2.8導入② Configフォルダをコピー
  • Blenderフォルダ

    2.80→scripts→startupとクリックしてstartupフォルダを開く

  • Maya Configフォルダ

    直下にある拡張子.pyのデータを、ぜんぶstartupフォルダにコピーする

    Maya Config For Blender 2.8導入③ 拡張子.pyのデータをコピー
  • Blenderフォルダ

    2.80→scripts→presets→interface_themeとクリックしてinterface_themeフォルダを開く

  • Maya Configフォルダ

    Themeフォルダを開いて中にあるデータを、ぜんぶinterface_themeフォルダにコピーする

    Maya Config For Blender 2.8導入④ Themeフォルダ内のデータをコピー

これで、データコピーによるMaya Config Addon For Blender 2.8の導入は終わりです。

Blenderフォルダの直下に入っている「blender.exe」をダブルクリックして、アドオンを導入したBlender 2.8を起動します。

 

⑤Blender 2.8を起動して専用キーマップをインポート

Blender 2.8を起動したら、最後にMaya風操作にするキーマップをインポートします。

以降の説明では、Blender 2.8のメニュー表示が日本語になっています。メニュー表示を日本語にする方法は、Blender 2.8のメニューを日本語に変更するをご参考ください。

Maya Config Addon For Blender 2.8のツールバーメニューから[Prefs]ボタンを押して、プリファレンスのウィンドウを開きます。

プリファレンスから「キーマップ」を選択して、右上のImportボタンをクリックします。

Prefsボタンを押してプリファレンスからキーマップをインポート

インポートするデータを選ぶ画面が開きます。

Blenderフォルダにあるデータを選択したいので、フォルダがある場所まで進みます。Blenderフォルダがデスクトップにある場合は、左にあるDesktopをクリックすると探すのがラクです。

Maya Configアドオンを導入したBlenderフォルダを選択

Blenderフォルダを開いたら、2.80→scripts→startupと進みます。

startupフォルダから、fa_hotkeys.pyを選択して[キーコンフィグをインポート]ボタンを押すと、Fa HotkeysのキーマップがBlender 2.8にインポートされます。

Blenderフォルダから、2.80→scripts→startupと開いてfa_hotkeys.pyをインポート

これでツールバーメニューにある[Maya]ボタンを押せば、いつでもすぐにMaya風キーマップ(Fa Hotkeys)に切り替わります。

Maya Config Addon For Blender 2.8のMaya風キーマップ(Fa Hotkeys)インポート完了!

以上で、Maya Config Addon For Blender 2.8の導入は完了です!

あとは実際に使ってみて、いい感じかどうなのか自分で確かめてみてください~

 

※プリファレンスの「テーマ」から、Maya風カラーに変更することもできるようになってます。

プリファレンスのテーマからMaya風テーマも選択できる

 

ちなみにMaya Config Addon For Blender 2.8を導入すると、ワークスペースタブの表示名がMayaぽい感じに変わります。表示名と並び順が少し変わるだけで、中身に変化はないようです。

Maya Config Addon For Blender 2.8導入済みのワークスペースとBlender 2.8デフォルトワークスペースのちがい

 

スポンサーリンク

 

注意点 ~Maya Config Addon For Blender 2.8を使うとき

!

Maya Config Addon For Blender 2.8は便利なアドオンですが、使っているとMayaっぽい操作が効かなくなるときがあります。

具体的には、ウェイトペイントモードにしたとき、アーマチュアを編集するとき、UV編集をしているとき、などです。

いつなんどきも完璧に動くという訳ではないので、使うときはそのあたりを理解しておいた方がいいかと思います。

Maya Config Addon For Blender 2.8の操作が効かないとき、解決する方法として以下の2つを紹介しておきます。

  • 既存のキーマップと競合していたら手動でなおす
  • 状況に応じてIndustry Compatibleキーマップも使う

 

・既存のキーマップと競合していたら手動でなおす

例えばBlender 2.8をウェイトペイントモードにすると、Alt+マウス左クリックの操作で3Dビューポートが回転しなくなります。

3Dビューは回転せずに、なにか別のツールがショートカットで起動しているような感じです。

例)ウェイトペイントモードのときMaya Config Addon For Blender 2.8の[Alt]+[マウス左クリック]の3Dビュー回転は効かない

こういうときは、Maya Config Addon For Blender 2.8の操作と競合しているショートカットを、手動で調整することで問題解決できることがあります。

ちょっとやってみます。

ツールバーの[Prefs]ボタンからプリファレンス設定を開いて、「キーマップ」を選択します。虫メガネマークの検索欄に”ウェイト”と入力して、ウェイト関連のキーマップを検索します。

プリファレンスのキーマップからキーワード検索を使って

表示されたキーマップの中、ウェイトグラデーションの操作がAlt+左クリックになっています。

ウェイトペイントモードで競合しているキーマップを探す

これが競合してるようなので、ウェイトグラデーションのチェックを外してみます。

競合してるキーマップのチェックを外して使わないようにすると競合は起きない

そうすると競合している操作がなくなり、ウェイトペイントモード中でもAlt+マウス左クリックの操作で、3Dビューポートが回転できるようになります。

※チェックを外したので、ウェイトグラデーションのショートカット操作はできなくなります。

 

・状況に合わせてIndustry Compatibleキーマップを使う

もうひとつの解決方法は、Industry Compatibleキーマップを使うことです。

さっき手動で修正したウェイトペイントモードの競合は、Industry Compatibleキーマップを使っている場合はそもそも起こりません。Alt+マウス左クリックでふつうにビュー回転できます。

他にもUV編集中の操作なんかは、いまのところIndustry Compatibleキーマップの方が操作しやすいかなと個人的には思います。

Maya Config Addon For Blender 2.8とIndustry Compatibleキーマップ、どちらもを使ってもMayaっぽい操作でBlenderを使えます。

状況に応じて、使いやすい方を使うのもいいと思います。

 

Maya Config Addon For Blender 2.8は進化途中のアドオン~

♪

以上で、Blender 2.8をMayaっぽい操作感にするアドオン「Maya Config Addon For Blender 2.8」の紹介は終わりです~

Maya Config Addon For Blender 2.8は、まだ進化途中のアドオンだと思います。

これからこのアドオンのユーザーが増えていけば、ユーザからの支援が集まって、アドオンのバージョンアップも捗ったりするかもしれません。

もし記事を読んで、ちょっといいかも?と思ったら、とりあえず試しに1回使ってみてください~

 

トハ自身は、Maya Config Addon For Blender 2.8けっこう気に入ってて、継続して使っていきたいと思っています。心ばかりの寄付もさせていただきました^^

MayaからBlenderへ移行計画中の方、
仕事はMayaで趣味はBlenderでやりたい方、
Blenderを使いながらMayaの操作に慣れたい方、

いろんな使い道があるかもしれません~

トハ
トハ

一度お試しあれ!

- ダウンロードしてみる? -

 

※Blender 2.8を始めるシリーズの記事へは、こちらからどうぞ~

Blender 2.8のこと
- この記事をシェアする -
- トハをフォローする -

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3DCG暮らし

コメント一覧

トハ
トハ

お気軽にコメントどうぞ~

タイトルとURLをコピーしました