Blender 2.8を始める① ~UIを自分好みにカスタマイズして使いやすくする~

Blender2.8 UI カスタマイズ

Mayaユーザー歴10年のトハですが、この度Blender 2.8をゼロから覚えることにしました。

トハが新しいソフトを勉強するとき、まずやるのが「UIを自分好みにカスタマイズする」です。

ソフト画面の見方や操作方法が分からないと、それだけでイライラになることがよくあります。思うように操作できないとストレスになって、ソフトを勉強して使い方を覚えよう、なんて気がどんどん失せてきます。

そのため、まずは「自分好みのUIにカスタマイズ」してから、気分良く操作して勉強していこうという訳なのです。

この記事では初期状態のBlender 2.8を、自分好みUIにカスタマイズしていく方法を紹介します。

実際にやっているのは「トハ好みのUIにカスタマイズする」ことですが、「自分好み」に応用できるように、説明を入れながら書いていきます。

UIとは…
ユーザーインターフェースの略。この記事では、主にメニュー表示やウィンドウ、操作感のことをUIと言っています。

 

UIカスタマイズより操作方法が知りたい!という場合は、Blender 2.8を始める④ ~基本の操作方法!これだけは最初に覚えよう~へジャンプしてください~

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Blender 2.8をダウンロードする

まずは下記の公式サイトから、最新のBlender 2.8をダウンロードしてきます。

2019年7月31日 Blender 2.80 正式版がリリースされました~

正式版のBlender 2.8は、インストーラー形式かzipファイル形式か、選択してデータをダウンロードできるようになっています。

公式ダウンロードページへ行き、[Download Blender 2.8] のボタンを押すと、Blender 2.8正式版のインストーラーがダウンロードされます。

Blender 2.8 正式版のダウンロード

ダウンロードしたインストーラーを実行すると、Blender 2.8のインストールが始まります。

zipファイル形式のデータをダウンロードするときは、[other versions]と書いてある部分をクリックして、ダウンロードしたいzipデータを選択します。

zip形式でダウンロードした場合は、zipファイルを解凍したフォルダの中にある「blender.exe」を実行するとBlender 2.8が起動します。(※パソコンにインストールしなくても使えます。)

 

スポンサーリンク

 

Blender 2.8のメニューを日本語に変更する

インストールしたBlender 2.8を起動してみると、メニュー表示がぜんぶ英語になっています。

やっぱり英語よりも日本語の方がとっつきやすいです。という訳で日本語表示に変更します。

Blender2.8の上部メニューから、
Edit→Preferences→Interface→Translation→Languageの順にクリックしていきます。

Blender 2.8 日本語表示① Edit→Preferences→Interface→Translation→Language

LanguageのAutomaticをクリックすると、言語を選択するウィンドウが開きます。

その中からJapanese(日本語)を選択します。

Blender 2.8 日本語表示② LanguageのAutomatic▼からJapanese(日本語)を選択

LanguageにJapanese(日本語)が選択されたら、その下の□Interfaceにチェックを入れます。これでメニューが日本語表示になりました!

Blender 2.8 日本語表示③ TooltipsとInterfaceにチェックしたら完了

設定ウィンドウの左下にあるのようなボタンを押して、[プリファレンスを自動保存]にチェックがあれば、変更した設定は自動で保存されています。[プリファレンスを保存]をクリックして手動で保存することもできます。

メニューが日本語になるだけでちょっと親しみやすくなった気がします。

この調子でどんどん自分好みのUIにカスタマイズしていきます~

 

【お好みで】Blender 2.8をMayaっぽい操作感にする

Mayaを長らく使ってきたトハなので、できることならBlenderもMayaと同じような操作方法で使いたいです。なのでMayaっぽい操作感にカスタマイズします。

Blender 2.8をMayaっぽい操作感にする方法として、ここでは次の2つを紹介します。

  1. Industry Compatible Keymap(業界互換キーマップ)を使う
  2. Maya Config Addon For Blender 2.8 というアドオンを使う

順番に見ていきます。

 

①Industry Compatible Keymap(業界互換キーマップ)を使う

Blender 2.8には、最初から「Industry Compatible(業界互換)」というキーマップ設定があります。

Industry Compatibleキーマップというのは、Mayaや3dsMaxといった、他の3DCGソフトの操作方法に合わせたキーマップです。

上部メニューから 編集→プリファレンス→キーマップ→Industry Compatible で設定できます。

Blender 2.8 編集→プリファレンス→キーマップ→Industry Compatibleで設定

こちらのキーマップに関して、3D人さんのサイトでも紹介されています。

ただし、
Industry Compatibleキーマップ使用中は、後述するこれらのショートカットは効きません。

NG
  • T:ツールバーの表示/非表示を切り替え
  • ShiftSpase:ツールバーをポップアップ表示
  • N:サイドバーの表示/非表示を切り替え

Industry Compatibleキーマップ使用中は、ツールバーとサイドバーの表示/非表示は以下のショートカットに変更になります。

check
  • Ctrl[:ツールバーの表示/非表示を切り替え
  • Ctrl]:サイドバーの表示/非表示を切り替え

Industry Compatibleキーマップを使えば、お手軽にMayaっぽい操作感にできますが、ショートカット登録が変わる部分もあるのでご注意ください。

 

②Maya Config Addon For Blender 2.8 というアドオンを使う

「Maya Config Addon For Blender 2.8」というアドオンを導入することで、Blender 2.8をMayaっぽい操作感にすることができます。

こちらのアドオンについて、内容や導入方法、注意点などまとめて紹介する記事を書いています。
詳しくは、紹介!~Maya Config Addon For Blender 2.8というアドオン~をご覧ください。

 

トハはこのアドオンを入れて使っていますが、けっこういい感じです。

Mayaっぽい操作にできるのはもちろんのこと、 [Maya風操作 ⇔ Blender 2.8標準] のキーマップを、ボタンでさくっと切り替えできるのが便利です。

最新版であるVer3.3では、Industry Compatibleキーマップへ切り替えるボタンも追加されてさらに便利になりました~

MacOSは残念ながらサポートされていませんが、Mayaっぽい操作感でBlenderを操作してみたい人は一度お試しあれです。

3D人さんのサイトにも、Maya Config Addon For Blender 2.8の紹介記事があります。

 

スポンサーリンク

 

ツールバー(旧ツールシェルフ)の位置と見た目をカスタマイズする

次は「ツールバー」をいい感じにカスタマイズしていきます。
※Blender 2.7のときはツールシェルフと呼ばれていた部分です。

Blender 2.8 これがツールバー(旧ツールシェルフ)です

なんとなくツール系のメニューは右手側に置きたい派です。デフォルト設定ではツールバーは左側にあるので、これを右側に移動します。

ツールバー位置の入れ替えは、Blender 2.8標準キーマップで行います。

まずツールバーの上にマウスカーソルを持っていき、そのままF3キーを押します。

出てきたメニュー検索のウィンドウに「フリップ」と入力すると、フリップ範囲というメニューが表示されます。フリップ範囲をクリックすれば、ツールバーの位置を左右入れ替えできます~

Blender 2.8 標準キーマップでツールバーの位置を左右入れ替える方法

ツールバーを右側に置くとこんな感じになります。

ツールバーを右側に移動するとこんな感じ

 

まずBlender 2.8の上部メニューから、編集→プリファレンス→キーマップ→Blender 27Xを選択します。

編集→プリファレンス→キーマップ→Blender 27Xを選択

Blender 2.7のキーマップに変更した状態で、ツールバーの上にマウスカーソルを持っていき、キーボードのF5を押します。

すると、なんということでしょう!ツールバーが右側に移動します。(元の場所に戻したい場合は、再度ツールバーの上にマウスカーソルを置いてF5を押してください。)

ツールバーの位置を右側に移動

これでツールバーが右側に移動しましたので、変更したキーマップはBlender 2.7から元に戻しておきます。

【2019/11/2 追記修正】
Blender 2.8標準キーマップでツールバー位置を入れ替える方法が分かったので追記し、Blender 2.7のキーマップに変更して入れ替える方法はトグルボックスの中に移動しました~

 

最後にツールバーの見た目を、もう少し分かりやすいように変更します。

ツールバーの側面らへんをクリック&ドラッグして横方向に引っ張ります。するとツールバーの横幅が変わって、ツールの名称が表示されるようになります。

Blender 2.8 ツールバーを横に引っ張ってツールの名称を表示

マークだけだと何のツールか分かりにくいですが、これならちょっと分かりやすいです。

ツールバーのカスタマイズは、ワークスペースごとに保持されます。詳細は、ウィンドウ配置の記事にあるワークスペースの選択をご確認ください。

ちなみにツールバーに関して、覚えておくと便利なショートカットがあります。

check
  • T:ツールバーの表示/非表示を切り替え
  • ShiftSpase:ツールバーをポップアップ表示

Blenderの作業画面を見ていて、ツールバーが邪魔だと感じたらTキーで隠すと快適です。

 

サイドバー(旧プロパティシェルフ)の表示/非表示を切り替えてみる

普段は隠れているんですが、Blender 2.8で作業するときかなり大事な「サイドバー」というものがあります。Blender 2.8内でキーボードのNキーを押してみてください。

Blender 2.8の画面右側に、新しく何か表示されたと思います。これがサイドバーです。

※Blender 2.7のときはプロパティシェルフとかプロパティリージョンと呼ばれていた部分です。

Blender 2.8 [N]キーでサイドバー(旧プロパティシェルフ)を表示/非表示

普段これが隠れていても問題はないんですが、実際Blenderを使っていると見たい情報がサイドバー内にあることがよくあります。

Nキーのショートカットは覚えておいて、サイドバーを使いこなせるようにしたいです。

check
  • N:サイドバーの表示/非表示を切り替え

ちなみに、サイドバーの位置も、ツールバーと同じように左右入れ替えができます。

ツールバー(旧ツールシェルフ)の位置と見た目をカスタマイズすると同じやり方で、デフォルトでは画面右側にあるサイドバーを、画面左側に移動させることができます。

ツールバーを右側、サイドバーを左側に入れ替えた状態はこんな感じです。

Blender 2.8 ツールシェルフを右側、プロパティシェルフを左側に入れ替えた状態

サイドバーのカスタマイズも、ワークスペースごとに保持されます。詳細は、ウィンドウ配置の記事にあるワークスペースの選択をご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

【超重要!】スタートアップファイルを保存する

さて、とりあえずここまでのカスタマイズしたUI設定を保存したいです。

設定を保存しないでBlenderを終了すると、せっかくのカスタマイズが全部消えてしまいます。

BlenderでUIや初期設定を変更したら、必ず「スタートアップファイルを保存」してください。

やり方は、上部メニューから ファイル→デフォルト→スタートアップファイルを保存→OK?のウィンドウが出るので、スタートアップファイルを保存 をもう一度クリックです。

Blender 2.8 ファイル→デフォルト→スタートアップファイルを保存→OK?→スタートアップファイルを保存

実は、BlenderのUI設定は、保存したBlenderのシーンデータにそれぞれ記憶されています。

UIを変更してシーンを保存すると、そのシーンを開いたとき、UIもシーンに記憶されていた設定に置き変わります。(試しにUI変更して別名保存したシーンを開いてみると分かります)

ではこの「スタートアップファイルを保存」は何をしているのかというと、Blenderを起動したとき、最初に開かれるシーンのデータを上書き保存しています。

Blenderを起動すると、四角オブジェクトが真ん中にあるシーンが開きますが、あれはスタートアップファイルが開いた状態だったのです。

自分好みの初期設定をこのスタートアップファイルに保存しておけば、Blenderの作業がいろいろやりやすくなると思います。

Blenderを自分好みにカスタマイズしたら、忘れずに「スタートアップファイルを保存」です。

いつも起動時に表示される四角オブジェクトがじゃまな場合は、四角オブジェクトを削除して「スタートアップファイルを保存」すれば、次から表示されなくなります。

 

まとめ:Blender 2.8のUIを自分好みにカスタマイズしてみよう

この記事ではBlender 2.8を始める準備として、まずはこんな感じでUIをカスタマイズしました。

  • メニュー表示を英語から日本語に変更
  • Blender操作をMayaっぽい操作感に変更
  • ツールバー(旧ツールシェルフ)の位置と見た目を変更
  • サイドバー(旧プロパティシェルフ)の表示/非表示切り替えを確認
  • スタートアップファイルを保存

Blender 2.8を最初に開いたときよりは、ちょっと使いやすそうになりました。

でももっと使いやすくしたいので、Blender 2.8を自分好みにカスタマイズするシリーズはもう少し続きます。

トハ
トハ

よければお付き合いください~

●Blender 2.8のウィンドウ配置カスタマイズ↓↓↓

●Blender 2.8のおすすめ初期設定について↓↓↓

●Blender 2.8の基本の操作方法について↓↓↓

Blender 2.8のこと
- この記事をシェアする -
- トハをフォローする -

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3DCG暮らし

コメント一覧

  1. メクラン より:

    Maya Config Addon For Blender2.8 入れみたんすけど、
    Mayaサイドパネルはあるけど、自分のには
    キーマップの下の
    Maya⇔blender の切り替えボタンが表示されないっス
    マヂ、わからない…わからないけど
    なんか…何かが、きっと、あるのかもしれませんね。

    • トハトハ より:

      メクランさん、コメント&情報どうもありがとうございます~
      Maya Config Addon For Blender2.8のMaya⇔blender切り替えボタンが表示されなくなったこと、トハも数か月前にも一度ありました!
      トハのときは、この問題はMaya Config Addon For Blender2.8がバージョンアップされたことでなおりました。

      ちょうどいまBlender 2.8がリリース候補版から正式版に切り替わろうとしている最中で、Blender側のアップデートが頻繁に行われています。
      Blenderのアップデートには、目には見えない内部情報のアップデートも含まれており、アドオン側が参照している内部情報が古くなって動かなくなることがあるようなのです。
      おそらくですが、Blender 2.8の正式版が出たあとアドオン関係は正式版対応にアップデートされると思っています。

      Blender 2.8の正式版リリースは当初の予定より遅れていますが、2019年8月初旬には出そうな雰囲気ではあります。
      いまちょっと難しいタイミングなので、Maya Config Addon For Blender2.8の全機能をちゃんと使いたい場合は、少し待ってみるのがいいかなあと思います。
      記事にもこの内容について追記修正させていただきました。情報提供ありがとうございます~

      ちなみに現在トハが使用しているBlender 2.8はリリース候補版1なのですが、2019/7/27現在ダウンロードできるのはリリース候補版3です。
      リリース候補版1→3でなにかが変わったのだと思われます><

      すみませんが、以上ご確認のほどよろしくお願いいたします。

      【2019/9/2 追記】
      Maya Config Addon For Blender2.8のver3.3がでました!
      Industry Compatibleキーマップに切り替えるボタンも追加されてより便利になりました~
      導入の方法などまとめた記事を書きましたので、よければまたご覧になってください^^
      https://tohawork.com/mcafb-28

トハ
トハ

お気軽にコメントどうぞ~

タイトルとURLをコピーしました