Blenderでモデリング【知識編】~やりたいことがあるメニューの場所を知る

Blenderでモデリング【知識編】~やりたいことがあるメニューの場所を知る

Blenderは多機能な3DCGソフトです。

いろいろな機能があり、そのほとんどがショートカットで操作できるようにもなっています。

でもショートカットは使っているキーマップで人によってちがうし、最初からたくさんのショートカットを覚えようとすると、覚えることが多すぎて頭がパンクします。

そこで、このブログではBlenderでモデリングするにあたり、まずは表示されているメニューやボタンを中心に使っていきたいと思います。

 

この記事では、Blenderのメニューを使ってモデリングするとき、知識として知っておくと役立つことを紹介していきます。

なんとなく知っておくだけでも、あとのモデリング作業を理解しやすくなると思います。

実際にモデリングを始める前に、ぜひ一度【知識編】に目を通してみてください~

 

※知識よりも行動だぜ!という方はBlenderでモデリング【実践編】をどうぞです^^

 

この記事は、長期サポート版 Blender 2.83/2.93 LTS に対応しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Blenderのメニュー構成は意外と分かりやすい

フムフム…

Blenderのメニュー構成は、使ってみるとわりと分かりやすく配置されてるな~と感じます。

関連性がある機能は、だいたいまとめて置いてある印象です。なので、

こういうのやりたいなありそうなメニューの場所を探してみるちょうどほしい機能を発見
というパターンが結構あります。

 

メニューの中から項目を探すのは、ショートカットを使うより時間がかかります。でもBlenderは機能が豊富なソフトなので、いきなりぜんぶのショートカットを覚えるのは大変です。

慣れないうちはスピードや効率を重視する必要もないので、最初はメニューを使いながら、メニューの機能と場所を覚えていくのがいいかなと思います。

メニューを使いながらBlenderのことを理解してきたら、よく使う機能はショートカットを覚えたり、自分専用のショートカットに登録するなどして便利にしていくのがおすすめです。

それでは次からは、メニューの機能と場所についてざっくり紹介していきます。メインはモデリングでよく使う機能の紹介になります。

 

※ショートカットを使ってより便利にBlenderを使いたいときは、こちらのBlenderでモデリング【追補編】をご覧ください~

 

スポンサーリンク

 

ヘッダーメニューの使い方

この記事のBlenderは、メニューが日本語になっています。Blenderのメニューを日本語に変更するを参考に、日本語表示に変更してからお読みください。

 

ヘッダーというのは、3Dビューポート上部のこの部分のことです。

Blender ヘッダー部分

ヘッダーメニューは、左側、真ん中、右側にかたまりが分かれています。なんとなく関連があるようなかたまり分けになっています。

  1. 左側のかたまり…モードに関連
  2. 真ん中のかたまり…座標系、ピボット、スナップ、プロポーショナル編集
  3. 右側のかたまり…3Dビューポート上で見えるものに関連

 

ヘッダーメニューの表示方法には2種類あります。メニュー項目[ビュー]の中のツールの設定がチェックされているとき、ヘッダーメニューは2段表示になります。(※デフォルト設定は2段表示)

Blender ツールの設定がONの場合ヘッダーメニューは2段表示

編集モード中、ヘッダーメニュー2段のうち上段には、X・Y・Z軸ミラーや重複頂点結合のアイコンが表示されるのでちょっと便利です。

ただ、ツールの設定についてはサイドバーのツールタブや、プロパティエディターのツールパネルにも同じものが表示されています。

Blender ツールの設定はサイドバーやプロパティエディターからも変更できる

状況や好みに応じて使い分けるといいと思いますが、この記事の説明では1段表示状態のヘッダーメニューをベースに説明していきます。

それでは、順番にみていきます。

 

・モード選択

Blender モード選択

作業中のモードを切り替えるメニューです。

オブジェクトモード、編集モード、ウェイトペイントモード、などが選択できます。

オブジェクトのモード選択

アーマチュアを選択中は、オブジェクトモード、編集モード、ポーズモードを選択できます。

アーマチュアのモード選択

 

・モード別メニュー

Blender モード別メニュー

選択中のモードで使えるメニューの一覧です。モード別なので、選んでいるモードによってメニューの内容は変わります。

オブジェクトモードのメニュー
編集モードのメニュー
ウェイトペイントモードのメニュー

 

モード別メニューには、ありとあらゆる機能がそろっています。

例えばモデリング中に「こういう機能はないのかな?」と思ったら、

頂点関係なら[頂点]メニュー、エッジ関係なら[辺]メニュー、ポリゴン関係なら[面]メニューの中をよく見てみれば、ほしい機能が見つかる可能性が高いです。

[メッシュ]メニューにはノーマル(法線)のことや、選択したポリゴンを表示/非表示にしたり、選択したポリゴンを分離できたりする機能が入ってます。

オブジェクトの複製や統合などの機能は、オブジェクトモード選択中のモード別メニュー[オブジェクト]の中にあります。

 

こんな感じで、モード別メニューにはモードごとにいろいろな機能が用意されているので、ほしい機能があるかどうか悩んだときは、まずはモード別メニューを見てみるのがおすすめです。

モード別メニューにはショートカットが併記してある場合もあって、なかなか親切設計です。

 

・トランスフォーム座標系

Blender トランスフォーム座標系

作業する座標系を変更したい場合、トランスフォーム座標系で変更できます。

トランスフォーム座標系を選択

グローバル座標とローカル座標の切り替えは、モデリング中わりとよく使います。(詳細は、グローバル座標とローカル座標の切り替えを参照~)

また、ビュー座標という「常に画面に対して座標軸を固定する」というモードもあって、これを使うとモデリングで便利なときもあります。

 

・ピボットポイント

Blender ピボットポイント

使用するピボットポイントを変更するメニューです。

ピボットポイントとは、移動・回転・拡大縮小するときなどに、操作の基準となる点のことです。
オブジェクトはそれぞれ原点を持っていますが、ピボットポイントは原点とは別のものです。

ピボットポイントを選択

ピボットポイントのメニューから、操作基準となるピボットポイントの位置をオブジェクトの原点にしたり、オブジェクトの中点にしたりと変更することができます。

Blender特有の機能として、3Dカーソルの位置をピボットポイントにできるというのがあり、これは使いこなせるとなかなか便利だと思います。

 

・スナップ

Blender スナップ

スナップ機能のメニューです。

スナップはうまく使えばとても便利な機能です。

スナップメニューの左側のアイコンをクリックすると、アイコンが青色に変わります。これがスナップ機能ONの状態です。ONにしないとスナップしないので注意です。

スナップ機能ONの状態

スナップメニュー右側のアイコンをクリックすると、スナップ設定メニューが出てきます。

よく使うのは「増分」と書いてあるグリッドへのスナップと、「頂点」へのスナップです。

増分(グリッド)と頂点のスナップメニュー

 

増分メニュー内にある「絶対グリッドスナップ」は、ON/OFFによってスナップの仕方にちがいがでます。例えば移動時ならスナップのちがいはこんな感じです。

●絶対グリッドスナップOFFのとき↓

絶対グリッドスナップOFFのとき

●絶対グリッドスナップONのとき↓

絶対グリッドスナップONのとき

 

また、スナップ設定メニューの「影響」という項目に、移動・回転・拡大縮小(スケール)のボタンがありますが、スナップ機能をONにしていても影響がOFFになっているものはスナップしません。

移動も回転も拡大縮小もスナップしたい場合は、影響の項目をぜんぶONにしておきます。

 

グリッドスナップで移動ツールを使うと通常は1mきざみの移動になりますが、Shiftキーを押しながら移動することで0.1mきざみで移動できます。(※回転などでもShiftが使えます)

 

・プロポーショナル編集(ソフト選択)

Blender プロポーショナル編集(ソフト選択)

プロポーショナル編集は、Mayaのソフト選択と似ている機能です。

プロポーショナル編集の左側のアイコンをクリックすると、アイコンが青くなってプロポーショナル編集ONの状態になります。

プロポーショナル編集ONの状態

Mayaのソフト選択とちがって、実際に動かしてみないと影響範囲が目に見えませんが、動かしたあとで影響範囲や形を調整することができます。

プロポーショナル編集ONで移動

プロポーショナル編集の影響範囲は、ギズモを掴んでいる状態でマウスホイールをスクロールすると変更できます。

Blender プロポーショナル編集(ソフト選択)の範囲をマウスホイールで変更

影響範囲を確定したあとも、オペレーターパネルが出ている間はプロポーションのサイズのところから、何回でも影響範囲を変更できます。

プロポーショナル編集移動後のオペレーターパネル

 

スポンサーリンク

 

・オブジェクトタイプビュー

Blender オブジェクトタイプビュー

3Dビューポートにある要素を、オブジェクトの種類ごとに表示/非表示したり、選択可/不可を切り替えたりできます。

オブジェクトタイプビュー 表示/非表示 選択可/不可の切り替え

目玉マークをクリックして閉じると、対象のオブジェクトが3Dビューポートで非表示になります。

矢印マークをクリックすると、対象のオブジェクトが3Dビューポートで選択不可になります。

アウトライナーの目玉マークは対象オブジェクトを細かく選べるのに対して、オブジェクトタイプビューは同タイプのオブジェクトすべてが対象になります。

 

・ビューポートギズモ

Blender 2.8 ビューポートギズモ

ギズモ関連のメニューです。

青くなっているアイコンの部分をクリックしてOFF状態にすると、3Dビューポートに表示されているギズモ関係の表示が消えます。もう一度クリックでまた表示されます。

メニューを開くとこんな感じですが、このメニューの中身はまだ使いこなせていないです。

ビューポートギズモのメニュー

オブジェクトを移動させる矢印(ギズモ)が消えた!表示されない!などの場合はこのボタンがOFFになっているかもしれません。アイコンをクリックしてONするとギズモが表示されます。

 

・ビューポートオーバーレイ

Blender ビューポートオーバーレイ

3Dビューポートに表示されている物の見た目は、ビューポートオーバーレイでだいたい管理できます。

例えば、グリッド床面の表示/非表示、XYZ軸の表示/非表示や、ワイヤーフレームを重ねて表示したり、裏向いているポリゴンを表示したりもできます。

 

そして、ビューポートオーバーレイの内容は、モードによって変わります。

オブジェクトモード、編集モード、ウェイトペイントモード…など、それぞれのモードに対応した内容が表示されるので注意です。

いろいろなモードのビューポートオーバーレイメニュー

 

またBlender 2.93では、ポリゴン数などを3Dビューに表示できる[統計]の項目が追加されました。

2.83のときはBlender画面の右下に表示されていましたが、より見やすく分かりやすくなっています。

Blender 2.93 頂点数やポリゴン数の情報表示はビューポートオーバーレイの[統計]でOn/Off

 

なお、ビューポートオーバーレイの青くなっているアイコンそのものをクリックすると、3Dビューポートに表示されている情報的な要素をすべてOFFにできます。

情報要素がじゃまなときは、OFFしてみるといいです。

 

・透過表示

Blender 透過表示

オブジェクトの透過表示を切り替えます。

詳細は、裏側も選択するには透過表示を使うをご確認ください~

 

・3Dビューのシェーディング

Blender 3Dビューのシェーディング

3Dビューポート上にある、オブジェクトのシェーディングに関するメニューです。

4つあるアイコンからシェーディングを選択し、右端の▽をクリックすると選択中のシェーディングに対応したオプションメニューが開きます。

●ワイヤフレーム表示↓

Blender ワイヤーフレーム表示

●ソリッド表示(フラット表示、テクスチャ表示もここ)↓

Blender ソリッド表示(フラット表示、テクスチャ表示もここからできる)

●ルック開発表示↓

Blender ルック開発表示

●レンダー表示↓

Blender レンダー表示

※レンダー表示はレンダリング設定と関係するので、詳細設定はプロパティエディターから行う必要があります。

 

スポンサーリンク

 

ツールバーの使い方

ツールバーとはコレのことです。

Blender ツールバー

ツールバーの位置や見た目は変更できます。(詳細は、ツールバー(旧ツールシェルフ)の位置と見た目をカスタマイズするを参照~)

 

ツールバーの使い方で、知識として知っておいた方がいいことは3つです。

  1. ツールバーの内容はモードによって変わる
  2. ツールの右下に▽印があるものは、長押しで別ツールも選択できる
  3. ツールを使ったあとのオペレーターパネルの使い方も重要

この辺は使ってみるのが1番分かりやすいので、Blenderでモデリング【実践編】で見ていければと思います。

 

サイドバーの使い方

サイドバーとはコレのことです。

Blender サイドバー

表示されていない場合は、Nキーを押せば表示されます。
(Industry Compatibleキーマップを使用している場合は Ctrl]で表示)

※詳細は、サイドバー(旧プロパティシェルフ)の表示/非表示を切り替えてみるを参照~

モデリング中によく見るタブは、「アイテム」と「ツール」です。

 

・アイテム

Blender サイドバーのアイテム

オブジェクトモードのとき、サイドバーのアイテムタブには、オブジェクトの位置・回転・拡大縮小(スケール)・寸法などの情報が表示されます。Mayaのチャンネルボックスに似てる感じです。

オブジェクトを操作するときは、移動や回転を数値で指定したいときもあります。そんなときはサイドバーに直接数値を入力します。

オブジェクトの移動や回転をアイテムタブで数値入力するとき、

  • XYZすべてに同じ数値を入れるときは3つの欄をドラッグして入力
  • 複数オブジェクトに同じ数値を入れるときはAlt+左クリックして入力
  • 複数オブジェクトのXYZに同じ数値を入れるにはAlt+ドラッグして入力

という方法があります。覚えておくとちょっと便利です。

 

また、最終完成した3Dモデルに、不要な移動・回転・拡大縮小の値が入っていると、あとあと問題になることがあります。

特に拡大縮小の値は、最終的には(1、1、1)にしておくのが理想的です。

モデルが完成したときは、サイドバーで作業途中の値が残っていないか確認してみてください。

 

 

・ツール

Blender サイドバーのツール

サイドバーのツールタブには、使用中のツールの情報が表示されます。

ツールによっては、ツール固有のオプションを設定できるものがあります。編集モードになっているときは、▽オプションの項目が表示されます。

 

ミラーのところでX、Y、ZのボタンをONにすると、それぞれX軸、Y軸、Z軸を基準にして頂点を対象移動できたりします。

自動マージにチェックすると、同じ場所に重なった頂点を自動的にマージするようになります。スナップ機能と合わせて使用すると、頂点同士を縫い付けるようにマージできたりします。

また、サイドバーのツールタブにある情報は、ヘッダーメニューに表示されるツールの設定や、プロパティエディターのツールタブからも見ることができます。

 

・ビュー

Blender サイドバーのビュー

サイドバーのビューでは、3Dビューポートの焦点距離などを設定できます。

詳細は、3Dビューポートの焦点距離を変更する3Dビューポートの範囲の開始を変更するをご確認ください~

 

オペレーターパネルの使い方

オペレーターパネルは、オブジェクトを追加したときや、ツールを使ったときに左下に表示されます。

Blender オペレーターパネル

オペレーターパネルは、直近で行った操作に対しての詳細設定ができるパネルです。

オペレーターパネルの内容は、追加したオブジェクトや使ったツールの種類に合わせて変わります。

オペレーターパネルを使えば、球体や円柱のオブジェクトを追加したあとに、サイズや頂点数を変更することができます。ツールの場合は、例えばループカットツールでカットしたあとに、分割数やスムーズ具合を変えたりできます。

具体的な使い方については、Blenderでモデリング【実践編】で見ていきます。

 

なお、オペレーターパネルは一時的に表示されるものなので、うっかり消えてることがあります。

そんなときは、Blender上部のメニューから 編集→最後の操作を調整 で、1番最後に表示されたオペレーターパネルを再表示できます。

Blender オペレーターパネルの再表示

ツール使用時のオプションなどは、再表示したオペレーターパネルでは調整できないこともあります。

 

※オペレーターパネルが表示されない場合は、ヘッダーメニューの[ビュー]をクリックして、[最後の操作を調整]をチェックすれば表示されるようになります。

Blender オペレーターパネルの表示設定(最後の操作を調整)

 

プロパティエディターの使い方

プロパティエディターとはコレのことです。

Blender プロパティエディター

プロパティエディターは、とにかくいろんな設定ができる重要なエディターです。

Mayaのアトリビュートエディターにちょっと似てます。

縦に並んでいるアイコンタブごとに、レンダー、シーン、マテリアル、モディファイアーなど各種の設定ができるようになっています。

プロパティエディターの使い方はひと言では説明できないので、Blenderでモデリング【実践編】などを通して、よく使うところから少しずつ見ていければと思います。

 

まとめ:ほしい機能がメニューから探せるとけっこう助かる

ピコーン

この記事では、モデリングするときによく使うメニューの機能と場所について、ざっくりひと通り紹介してみました。

知識としてこれらをなんとなく知っておくと、実際にモデリングの作業をするとき、ちょっと理解しやすくなるかなと思います。

モデリング中はあちこちのメニューをさわっているように見えても、よく使うメニューを場所で分けるとこれだけです。

  1. ヘッダー
  2. ツールバー
  3. サイドバー
  4. オペレーターパネル
  5. プロパティエディター

 

加えてBlenderでは、デフォルトで「ツールチップ」という説明表示機能がONになってます。

メニュー項目の上にカーソルを置いてしばらく待つとツールチップが表示されるので、メニューの項目名とツールチップを見れば、なんとなくその機能が分かるようになっています。

ツールチップの説明文もほとんど日本語で表示されるので、読めば少しは内容が分かります。少しでも分かる部分があれば、使えるような気がしてくるものです。

※ツールチップは、編集→プリファレンス→インターフェースからON/OFF可能

 

ということで、知識編はこのへんにしてBlenderでモデリング【実践編】では、実際にBlenderを使ってモデリングしてみる様子を紹介したいと思います~

トハ
トハ

【実践編】へGO~!

 

※ショートカットやアドオンを利用して作業効率のアップを図りたいときは、Blenderでモデリング【追補編】の記事も参考にしてみてください~

コメント一覧

トハ
トハ

お気軽にコメントどうぞ~

タイトルとURLをコピーしました